ここが面白いんだよな〜

映画・ドラマ感想

フランクはなぜこちらに話しかけるのか ハウスオブカード シーズン1-1  ネタバレ感想

f:id:LifeIsParty:20201111152132j:plain

 

監督

David Fincher

 

 

脚本

Beau Willimon

 

 

 

事前情報一切なしで視聴し、感想を述べていきます。

 

 

※日本語音声、日本語字幕で視聴しています。

 

 

 

 

 

なぜこちらに話しかけるのか

 

フランクがこちらに話しかけるのは、フランクが頂点に君臨しているためです。

 

 

フランクは画面越しの私たちへ喋りかけてくるシーンが多くあります。ナレーターや主人公の仲間、テロップなど登場人物の説明を行うには、たくさんの方法があります。しかし、ハウス・オブ・カードではフランク自身が行っているのです。フランクが行うことによって、大きく得られることは2つです。1つはドラマと観客の距離が近まることです。これは立ち代わりに様々に人物が登場し、難しい言葉を発する本作にとって大変重要な役割を果たしています。

 

また観客に話しかけるということは、自分がこの作品の主人公であることを知っていることであり、作品において神となります。これは本作において復讐を果たし政治界のトップを目指すフランクと同義です。つまりフランクがトップになることはストーリーで語れるだけでなく、演出として本作のトップであることが分かります。

 

感想

 

 

フランクによる説明のあとゾーイに問いかけることで状況整理が行われ、誌面に載ることで最も重要なことが、一言で表されています。政治を舞台としながら、視聴者に寄り添ってストーリーが進む本作はとても見易かったです。

 

 

フランクは裏切る立場にあるため、周囲の話が理解できずとも、フランクの言葉についていけばストーリーについていけるのも構図として素晴らしいと思いました。

 

 

読者になっていただけると大変喜びます。

読者になる

 

 

 

よければツイッターのフォローお願いします。

 

 

次回の記事はこちら 

 

lifeisparty.hatenadiary.com