ここが面白いんだよな〜

映画・ドラマ感想

何でお風呂に入るの? ハウスオブカード シーズン1-5 ネタバレ感想

f:id:LifeIsParty:20201111152132j:plain

監督

Joel Schumacher

 

 

脚本

Sarah Treem 

 

 

事前情報一切なしで視聴し、感想を述べていきます。

 

 

※日本語音声、日本語字幕で視聴しています。

 

 

前回の記事はこちら

 

 

 

 

ルッソはなぜ、お風呂に入った?

 

ルッソがお風呂に入ったのは、生まれ変わるため。

 

フランクはルッソを風呂に入れます。そして自ら命を断つか州知事に立候補するか、2択を迫りました。キリスト教では洗礼があります。過去の自分を捨て(罪を洗い流し)新しい自分に生まれ変わる行為です。

 

ギリシャ神話では、ゼウスが争いを起こす人類に愛想がつき、大洪水を起こします。ゼウスの目的は、青銅の種族(青銅の時代)を滅ぼし、新し種族の人類(英雄の時代)を生み出すためでした。

 

以上のように水には、古来から様々な意味があります。買春、薬物、飲酒運転と罪を重ねたルッソ。彼が風呂に入ったのは、生まれ変わるために必要不可欠であったと考えます。

 

 

感想

 

  風呂に入ろと命じたのは、フランクである点もとても面白い構図だと思いました。ここからもフランクが本作の神であることが分かります。フランクはルッソに刃を渡していました。もし彼が自決したら、彼は風呂から出れません。つまり水に浸かったまま、死を意味します。ルッソが自ら決断を下すことで、キャラクターとしても成長しています。このシーンは演出がすばらしいと思いました。

 

パーティのシーンでは、教育改革法案に対するデモ、フランクとアダム、クレアとゾーイ、3つの対立が描かれました。今後この3つがどこに向かうのか注目していきたいです。

 

 

読者になっていただけると大変喜びます。

読者になる

 

 

 

よければツイッターのフォローお願いします。

 

 

次回の記事はこちら