ここが面白いんだよな〜

映画・ドラマ感想

偶然なんて存在しない ハウスオブカード シーズン1-6 ネタバレ感想

f:id:LifeIsParty:20201111152132j:plain

監督

Joel Schumacher

 

 

脚本

Sarah Treem 

 

 

事前情報一切なしで視聴し、感想を述べていきます。

 

 

※日本語音声、日本語字幕で視聴しています。

 

 

前回の記事はこちら

 

 

 

 

カルマを信じるか

 

本作にカルマは、存在すると考えます。

 

カルマすなわち業とは良い行いをすれば良いことが訪れる。悪い行いをすれば悪いことが訪れる。という教えです。つまり結果には必ず原因があり、偶然には起こりえないという考えです。フランクは、業を信じないと言っています。しかし今回の話の起点となったレンガ事件は、フランクが指示したものでした。

 

物語における業とは何か。私は伏線回収であると考えます。優れた物語は、伏線回収がしっかりしているのです。各キャラクターが本当に生きているかのように、複雑に行動し物語が進行していきます。今回の話も伏線回収をして物語が終わりました。

 

 しかし説明されていないことがあります。なぜホームレスはお札を鶴にして返したのか。本作に業が存在すると考えると、このホームレスの行動が自ずと見えてきます。今回の話で描写されていないことはもう1つあります。流れ弾が子供に当たったギャングたちの抗争です.....

 

 

感想

 

カルマが存在するとし、飛躍的にホームレスの行動真理を考えました。カルマに関係ないと考えると、ホームレスのシーンは権力と富を象徴したシーンであると考えます。皆さんはどう感じられたでしょうか。

 

今回 フランクがルッソに改めて意思を訊ねるシーンがありました。この作品は、フランクがキャラクターの行動の理由を聞くシーンが多くあります。本来であれば繰り返しになってしまうので物語が進まずつまらないシーンになります。しかし国や州の代表を決める名目があるため、あまり気になりません。視聴者を置いていかない丁寧な作りが徹底されていると感じました。

 

読者になっていただけると大変喜びます。

読者になる

 

 

 

よければツイッターのフォローお願いします。

  

次回の記事はこちら

 

来週の木曜日20時更新